アクセスランキング

馳走 啐琢一十(ちそう そったくいと)@広島市中区流川町

ここでは、「馳走 啐琢一十(ちそう そったくいと)@広島市中区流川町」 に関する記事を紹介しています。
馳走 啐琢一十(ちそう そったくいと)
ito_003.jpg
2014/09/17にオープンした平野寿将さんプロデュースのお店です。
個人的な一周年のお祝いで行ってきました。

外観
ito_001.jpg
焼肉 希望の隣のビルの5Fにあります。

瓶ビール
ito_004.jpg
プレミアムモルツで乾杯しました。

お任せコース 10,000円をお願いしました。
コースはこの他に6,500円のコース,8,000円のコース(6,500円のコースにトリュフご飯が付いたもの)があります。

甘エビのコンソメ,ウニのプリンカプチーノ仕立て
ito_005.jpg
左の料理は,甘エビだけで作った濃厚なコンソメで7時間ほどかけて作られたそうです。
ウニプリンの上の泡が消えてからのせても美味しかったです。

へしこ,胡瓜の酢の物,からすみ
ito_007.jpeg
へしこは,糠に2年つけたものだそうです。

日本酒 
ito_009.jpg
料理に合わせたものをお任せでお願いしました。
瑞冠,龍勢,白鴻,小笹屋竹鶴の順に飲みました。

日本海天然アワビの温かいお浸し
ito_010.jpg
5年ねかせた羅臼昆布を使用しているそうで,昆布はねかせるほどアミノ酸が増えて美味しいそうです。

熟成のお刺身
ito_015.jpg

ズーム
ito_014.jpg
左から鯛,のどぐろ,クエで,それぞれ2日,5日,3日間管理の温度を変えての熟成したものでした。

5日熟成のカツオ
ito_017.jpg
スモークされた香りと,ねっとりとした甘さが美味しかったです。

九十九里ハマグリのすり流し
ito_018.jpeg
ハマグリをまるごとすり潰しています。贅沢な量のハマグリを使用していて,青のりの風味も良かったです。

鮑の肝
ito_019.jpg
柚子を削ったものがかかっていて,お酒のアテにちょうど良かったです。

のどぐろの塩焼き
ito_020.jpg

ズーム
ito_023.jpg
醤油を乾燥させたものが添えられていました。
こんな肉厚の立派なのどぐろは初体験でしたが,脂がしっかりのっていて美味しかったです。

トリュフごはん
ito_024.jpg

ズーム
ito_025.jpg

ito_026.jpeg
平野さんが混ぜてよそってくれました。
最初はそのままで食べました。

ito_027.jpg
次に,玉子を混ぜて食べました。
玉子も上質な味で,さらに美味しさがパワーアップしました。

抹茶のクレームブリュレ
ito_028.jpg
玉川のタイムマシンを女将の笑歌(えみか)さんがサービスして下さいました。

私にとっては高級なお店なので,頻繁に伺うことは出来ませんが
価格以上の満足感を得ることが出来たので,次回も特別な日に特別な人と訪問したいと思いました。

すでに口コミなどで人気があり,しかも席数が少ないので,行かれる方は早めの予約をすることをオススメします。
ぜひトリュフご飯の付いているコースを食べてみてください。

オススメです。



馳走 啐琢一十(ちそう そったくいと)

住所 : 広島市中区流川町5-14 Roling流川5F
電話 : 082-249-0957
時間 : 18:00~23:00
定休 : 不定休
P  : なし
動画 : https://www.youtube.com/watch?v=u1d-cFB4FyA


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
広島ブログ
拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamesi.blog32.fc2.com/tb.php/2352-1c63b2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック